最近アイコスと同じくブームとなっている電子タバコ。
VAPE(ベープ)などが有名ですね。

P2180006

一部の販売店では水蒸気なのでニコチンも含まれていない、無害だと
広告がうたわれていますが、実は危険性が専門家から指摘されています。

「電子タバコの蒸気は水蒸気ではない。発がん性物質が含まれ、毒ガスそのもの。絶対に吸うべきではない」

引用産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/150506/prm1505060019-n1.html

危険性が高い電子タバコはどれ

国内で販売されている電子タバコにはニコチンは含まれていないと思われます。なぜなら、日本では
ニコチン入りのリキッドを販売することは法律で禁止されているからです。

また、ニコチン入りのリキッドが欲しい方はネット経由で
ニコチンが含まれたリキッドを購入することも可能です。

注意 海外製リキッドには危険がいっぱい

kenkyu_woman

ニコチンがないリキッドなら健康被害はない。そう考えていませんか?
実は、中国製の格安リキッドなどには一部の海外ニュースで
ホルムアルデヒドが検出されたと話題になっています。

それでも、安全性が保障されたリキッドもある

もちろん、上記の問題はあまり知られていない
怪しい海外メーカーの製品で起こっている問題です。
有名メーカーも物であれば、販売前に成分分析や食品衛生検査も行われています。

実店舗、インターネットに限らず、信頼できるお店から信頼できる商品を
購入することが大切です。